マリア・シマノフスカ (1789−1831), ヨーロッパを生きた女性

マリア・シマノフスカ : ホルテンシア王妃のロマンス
エリザベート・ザポルスカーメゾソプラノ,
バート・ヴァン・オルトーフォルテピアノ、1825年製ブロードウッド

 聴き直そう

いつまでも語り続けましょう,
愛より甘美なものはないと.
本当に木々の緑や
まぼろしの訪れが
幸福の兆しではないと?
最愛の人よ、どうかあなたの心が
私の心に寄り添いたまえ,
最愛の人よ...

現在

2019年3月8日 - コペンハーゲンのThorvaldsen博物館でのポーランド - フランス語 - デンマーク語プログラム

1820年代、マリア・シマノフスカと彫刻家のベルテル・ソールヴァルセンは、互いの友情と尊敬を証明する手紙を書く定期的な連絡を維持しました。これは2019年3月8日にコペンハーゲンのThorvaldsen博物館の大ホールで、デンマーク王国へのポーランド大使、Henryka Mościcka - Dendysの高後援の下で行われた会議の主題でした。

もっと詳しく >

世界中のマリア・シマノフスカ

ポーランド。« 半分の歴史がない。 ポーランドの国の女性の短い歴史 » そのようなものは、Anna Kowalczykによって書かれ、W.A.B.、ワルシャワ、2018年の終わりによって出版された本の英語のタイトルかもしれません。Maria Szymanowskaはその中で自分の場所を見つけました、そして、ゲーテの言葉で、「最高の才能、いわば、ただの箔として」として提示されました。

もっと詳しく >