マリア・シマノフスカ (1789−1831), ヨーロッパを生きた女性

マリア・シマノフスカ : ホルテンシア王妃のロマンス
エリザベート・ザポルスカーメゾソプラノ,
バート・ヴァン・オルトーフォルテピアノ、1825年製ブロードウッド

 聴き直そう

いつまでも語り続けましょう,
愛より甘美なものはないと.
本当に木々の緑や
まぼろしの訪れが
幸福の兆しではないと?
最愛の人よ、どうかあなたの心が
私の心に寄り添いたまえ,
最愛の人よ...

現在

2019 年マリア・シマノフスカ  

ポーランドにおいて2019年がマリア・シマノフスカを記念する年となることが2018年12月13日のポーランド上院本会議で満場一致で決まった。ポーランド共和国上院議長のStanisław Karczewskiは、パリのMaria Szymanowska Societyの会長であるElżbieta Zapolska Chapelleに、ポーランドのMaria Szymanowska年の決議の公式テキストを贈った。(写真提供:M.Józefaciuk - ポーランド上院事務局)

もっと詳しく >

世界中のマリア・シマノフスカ

ポーランド。« 半分の歴史がない。 ポーランドの国の女性の短い歴史 » そのようなものは、Anna Kowalczykによって書かれ、W.A.B.、ワルシャワ、2018年の終わりによって出版された本の英語のタイトルかもしれません。Maria Szymanowskaはその中で自分の場所を見つけました、そして、ゲーテの言葉で、「最高の才能、いわば、ただの箔として」として提示されました。

もっと詳しく >