世界中のマリア・シマノフスカ

ポーランド。« 半分の歴史がない。 ポーランドの国の女性の短い歴史。 »
                               kowalczyk.jpg
そのようなものは、Anna Kowalczykによって書かれ、W.A.B.、ワルシャワ、2018年の終わりによって出版された本の英語のタイトルかもしれません。Maria Szymanowskaはその中で自分の場所を見つけました、そして、ゲーテの言葉で、「最高の才能、いわば、ただの箔として」として提示されました。
この本は活気にあふれていて、それは読者に活気を与え、新しい、非常に刺激的な分析の可能性を開きます。
歴史の伝統的な見方に疑問を投げかけ、私たちの過去の隠された側面への移行を促すことは、著者の大きなメリットです。
 
ポーランド。「ショパン自身が彼女に魅了されました - マリア・シマノフスカについて」
ラジオTOK FMの編集者KarolinaGłowackaがIrena Poniatowska教授に話をして、なぜこの魅力的なアーティストの女性がヨーロッパで有名であったにもかかわらず200年以上国の記憶から消えたのかという疑問に答えようとします。
プログラム«週末の朝»19/01/2019
 
ポーランド。Marc-AndréHamelinは、2018年8月30日にワルシャワで発表されるリサイタルプログラムで、Maria Szymanowskaによる3つのピアノ作品を予見しました。Fryderyk Chopin Instituteが主催する「Chopin and his Europe」フェスティバルの一環として開催されました。
 
スウェーデン。2016年以来、マルカンドレ・アムラン、偉大なカナダのピアニストは、マリア・シマノフスカによって変ロ長調でノクターンでリサイタルの数を開始します。 
 
オランダ。マリア・シマノフスカ&ヨハン・ネポムク・フンメル:2人の偉大なミュージシャンとの友情の物語。タイスBongerは彼のラジオ番組に伝えます。タイスBongerは彼のラジオ番組で伝えます「フンメルのためのセカンドチャンス。」
 
ロシア. 2010年9月25日、サンクトペテルスブルグにおけるマリア・シマノフスカの記念碑除幕式のヴィデオ(ロシア人彫刻家ヴィアチェスワフ・ブハイェフ作
 

 

米国。On Virtues of Musicians and Romances of Aristocrats, or Szymanowska in Paris, by Maja Trochimczyk in MEA KULTURA

ペテルスブルグのミトロファネフスキー協会のウェブサイト
1831年、サンクトペテルスブルグ市を伝染病コレラが襲う・・

マリア・シマノフスカの記念碑除幕式典について(アレクセイ・オルフィエルク、2010年9月29日)

ユリィ・ピリツゥコ、サンクトペテルスブルグの彫刻博物館における展覧会での芸術家共同墓地のマリア・シマノフスカの記念碑に関して。

アメリカのマリア・シマノフスカ

パリのマリア・シマノフスカ マヤ・トロヒムチック筆、文化新聞2011、ナンバー2

マリア・シマノフスカ(1789-1831):伝記, アンナ・キジャス
マリア・シマノフスカの伝記(英文)

Maria Szymanowska : pianist and composer, by Slawomi Dobrzanski
スワヴォミール・ドブジャンスキによるマリア・シマノフスカのピアノ曲に関する分析著作(英文)・・.

日本のマリア・シマノフスカ

マリア・シマノフスカとは 福井麻子寄稿 Gazeta Polska(日本版)
“当時のポーランド語の語彙に、「作曲家」「ピアニスト」という名詞の女性形は存在したのだろうか?・・・”

ヨーロッパのマリア・シマノフスカ

Szymanowska Maria Agata, née Wolowska, 1789 – 1831, Jean Marc Warszawski, 2004
Née à Varsovie 14 décembre 1789, morte à Saint-Petersbourg 25 juillet 1831. Pianiste et compositrice…

マリア・アガタ・ヴォウォフスカ(シマノフスカ) 1789年12
月14日~1831年7月24日。 家系図

Maria Szymanowska. Biografie, Ewa Rieger, 1996
Obwohl Frauen es im 19. Jahrhundert auf dem Konzertpodium nicht leicht hatten, weil der Typus des männlichen Pianisten vorherrschte, der mit Virtuosität, Klangfülle und gebieterischer Beherrschung der Tastatur das Publikum in Aufruhr versetzte, gab es immer wieder Musikerinnen, die den großen Schritt von der geschützten Atmosphäre des heimischen Salons an die Öffentlichkeit wagten…

Szymanowska, Symanoffska, Maria, Marie, Marie Agata, geb. Wołowska, Jasmin Jablonski, Sophie Drinker Institut
* 14. Dez. 1789 in Warschau, † 24./25. Juli 1831 in St. Petersburg, Pianistin, Klavierlehrerin und Komponistin. Maria Szymanowska stammte aus einer wohlhabenden jüdischen Großfamilie…

Werthers Wiederkehr oder Die abgewendete Tragödie, Friedrich Dieckmann
マルティン・ワルサーのEin Liebender Mann は73歳のゲーテの19歳のウルリケ・フォン・レツォフに対する望みなき恋が描かれているが、当時のマリア・シマノフスカとの出会いがこの本にどんな影響を・・

ゲーテとマリア・シマノフスカ、「マリエンバード温泉とその周辺の歴史」ウェブサイトより。

マリア・シマノフスカ ポーランドの音楽インフォメーションセンター
1789年12月14日、ワルシャワ生まれ;1831年7月24日、サンクトペテルスブルグで死去。ピアニスト兼作曲家。まだ音符の読めない年齢でシュピネットやクラヴィコードでの即興演奏をした早熟な・・

オーストラリアのマリア・シマノフスカ

Music, the economy and society: Szymanowska’s career path in Russia in the 1820s by Anne Swartz
A study of the career of Maria Agata Wołowska Szymanowska (1789–1831) as a composer, performing musician, and teacher in Russia sheds new light on the social and economic status of the Polish-born musician at the St. Petersburg court in the decades that followed the last partition of Poland in 1795…